お電話でのお問い合わせはこちら 0120-426-619 受付時間:毎日10~21時
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-426-619 受付時間:毎日10~21時

シロアリ駆除は自分でできる?DIYの手順や注意点まで詳しく解説

「シロアリ駆除って自分でできるの?」 「駆除するときに注意する点を知っておきたい」 このように考える人が多いようです。 シロアリ駆除をDIYできれば費用を安く抑えられますが、間違った方法で行ってしまうと被害が広がってしまうかもしれません。 この記事では、自分で行うシロアリ駆除に興味がある人に向けてその方法を解説します。記事を読んで上記を把握しておけば、シロアリ駆除をDIYで実施する成功率を高めることができるでしょう。

この記事の目次

シロアリ駆除は自分でできる?DIYの手順や注意点まで詳しく解説

シロアリ駆除は自分でもできる

シロアリを、自分で駆除することは可能です。

シロアリ駆除の薬剤は、ホームセンターやインターネットの通販などで簡単に購入できます。


駆除方法は2種類あるので、自分にあった方法を選ぶようにしましょう。

シロアリ駆除を自分ですると業者に依頼するより安くなりますが、いくつか注意点もあるので確認してから取り組むようにしましょう。


シロアリを駆除する方法は2種類ある

シロアリを駆除する方法は2種類ある

シロアリを駆除する方法は、主に「バリア工法」と「ベイト工法」の2種類があります。

どちらも一長一短があるので、特徴を確認したうえでご自宅にあった方法を選ぶようにしましょう。


「バリア工法」はDIYのハードルが高め

バリア工法とは、被害箇所を中心に薬剤を散布してシロアリを駆除する方法です。

点検口から床下に潜って、薬剤をスプレーしてまわります。


バリア工法は被害箇所に直接施工するので、効果が比較的早く現れることから、すでに被害にあっているときは適した工法です。

業者がシロアリを駆除するときには、バリア工法で施工することがほとんどです。


ただしバリア工法では、狭い床下を這いずりまわって薬剤を散布するので、DIYで行うにはかなり大変な作業になります。

バリア工法で使うのは安全性が高い薬剤ですが、作業するときには防護マスクや保護メガネ(ゴーグル)、ゴム手袋は必須です。


「ベイト工法」は効果が出るまで時間がかかる

ベイト工法は、シロアリが巣にエサを持って帰って仲間と分け合う習性を利用して駆除する方法です。

毒エサであるベイト剤を入れた「ステーション」と呼ばれる筒型の容器を、家の周りを取り囲むように埋めてシロアリをおびき寄せます。

被害箇所がわかっているのなら、その場所に直接設置すると効果が高くなります。


毒エサには脱皮を阻害する成分が含まれているので、食べたシロアリは脱皮できなくなって死滅します。

ベイト工法はバリア工法の約1000分の1の薬剤しか使わないので、環境に優しい工法です。


化学物質や臭いに過敏な人や、乳幼児・ペットがいる家庭なら、ベイト工法を選んでもいいでしょう。

ただしベイト工法はこれから脱皮をするシロアリにしか効かないため、バリア工法と比較すると効果が出るのに時間がかかる点には注意が必要です。


シロアリ駆除を自分でする手順

シロアリ駆除を自分でする手順

それではシロアリ駆除を自分でする手順を説明していきます。

床下調査のあとは、バリア工法とベイト工法に分けて詳しく解説するので、どちらが向いているか判断する際の参考にしてみてください。


まずは床下に潜って状況を調査する

バリア工法とベイト工法のどちらで駆除するにしても、まずは床下に潜って調査をする必要があります。

床下の隅々まで見てまわり、蟻道がある箇所がないか調べ、木材をハンマーで叩いて軽い音がしないかもチェックしていきましょう。


ハンマーを使うときには、木材を傷めないよう、金属製ではなくプラスチック製を選ぶようにしましょう。

シロアリの被害が大きければ、DIYはあきらめて、業者に駆除を依頼することを検討するのがおすすめです。


「バリア工法」でシロアリ駆除をDIYでする流れ

ここからは、バリア工法による駆除の方法を詳しく紹介します。

自分でできるかどうか、作業の様子を想像しながら読んでみてください。


シロアリ対策の薬と道具を用意する

まずは、バリア工法で必要な薬剤と道具を以下のとおり用意します。


  • 希釈式の薬剤:ホームセンターや通販で購入 

  • 蓄圧式噴霧器:ホームセンターや通販で購入

  • 防毒マスク(農薬作業用マスク)

  • 保護メガネ(ゴーグル)

  • ゴム手袋

  • ヘッドライトまたは手持ち式の懐中電灯

  • 頭にかぶる頭巾またはタオル

  • 汚れてもいい長袖や長ズボン


薬剤は50倍希釈の400ミリリットルで8,000円前後かかります。

50倍に薄めて20リットルできますが、30坪程度の広さを散布するなら100リットル程度必要です。


薬剤を散布するときには、ハンドスプレーではなく蓄圧式の噴霧器を用意しましょう。

シロアリの駆除では、予防対策もかねて大量の薬剤を散布するので、ハンドスプレーは小さすぎるうえ手が痛くなって隅々まで施工できません。


安全性が高いとはいえ、薬剤を使用する以上は防毒マスクや保護メガネ、ゴム手袋は必ず着用するようにしましょう。


床下は暗いため、灯りも必要です。

手持ち式の懐中電灯を持って回ってもいいですが、頭に取り付けるヘッドライトがあると便利です。


床下はガレキや飛び出した釘にひっかかってケガをする危険性があるので、長袖や長ズボンを着用し、頭にも頭巾やタオルをまいて身を守るようにしましょう。


床下に潜り噴霧器で薬剤を散布する

点検口から床下に潜入したら、床下の基礎や土台、大引、束柱、束石に薬剤を散布します。

被害箇所には、入念に散布を実施しましょう。


束石のまわりや束柱にも、予防をかねて薬剤を散布しておくと安心です。


「ベイト工法」でシロアリ駆除をDIYでする流れ

ベイト工法による駆除は、バリア工法ほど大変ではないのでDIY向きです。

ベイト工法の駆除方法を、詳しく紹介していきます。


ベイト剤と道具を用意する

ベイト工法で駆除するために必要なものは、以下のとおりです。


  • ベイト剤:ホームセンターや通販で購入

  • スコップや穴あけ器:ホームセンターや通販で購入

  • 粘着テープ:床下の束柱や壁に薬剤をセットするときに必要

  • その他:汚れてもいい長袖や長ズボンなど


ベイト剤は、毒薬がすでにセットされたタイプが15個入りで6,000円前後で購入できます。

設置する間隔は商品ごとに異なるので、調べて必要な数を用意するようにしましょう。


市販品は1〜2メートル間隔で設置するとされているものがあるので、家の外周の長さから必要個数を割り出して購入します。

床下調査をしたときに被害が見られたときには、そこに直接セットする分もあわせて多めに用意しましょう。


穴を掘ってベイト剤を埋めていく

必要なものがそろったら、穴を掘ってベイト剤を埋めていきます。

その際、埋めた場所を見取り図に記録しておくと、点検時に場所がわかるので便利です。


ベイト剤を埋めるときには、設置間隔を守るようにします。

ベイト工法ではシロアリをおびき寄せて駆除するため、安く抑えようと間隔を広くしすぎると効果が出なくなってしまいます。


床下の被害箇所が特定できているときは直接設置する

調査をしたときに被害箇所が特定できているのなら、床下に潜ってそちらにも直接ベイト剤を設置します。

木材や付近の壁に、粘着テープで貼り付けておくといいでしょう。


定期的にベイト剤のメンテナンスをする

ベイト工法では、定期的にベイト剤の減り具合をチェックすることが大切です。

見取り図を見ながら地中に埋めたベイト剤を掘り返し、毒エサがなくなっていたら新しいものと入れ替えます。


頻度が高すぎるとシロアリが警戒するので、点検は短くても1ヶ月おきに抑えましょう。

かといって間隔を開けすぎると、毒エサがなくなってしまい全滅に至らない可能性があるため、点検を怠らないことが重要です。


シロアリ駆除を自分でするときの注意点

シロアリ駆除を自分でするときの注意点

シロアリを自分で駆除したとしても、永遠に効果が続くわけではありません。

効果は一定期間で切れるので、定期的に防除が必要です。


バリア工法で駆除した場合は、薬剤の効果は5年で切れます。

薬剤を散布した日付を控えておき、5年ごとに薬剤散布を行いましょう。


ベイト工法は、使用する薬剤によって効果の持続年数が異なります。

市販のものは最長2年とされているので、定期点検を行うと同時に効果が切れた薬剤は新しいものと入れ替えるようにしましょう。


バリア工法もベイト工法も、シロアリ被害を再び受けないためには、継続した防除が大切です。


シロアリ・ネズミ防除(駆除/予防)

\ 複数見積り比較でこんなにお得に! /

一括見積り依頼はこちら