お電話でのお問い合わせはこちら 0120-426-619 受付時間:毎日10~21時
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-426-619 受付時間:毎日10~21時

効果が高いシロアリ駆除の薬剤はどれ?おすすめ成分と商品を解説

シロアリは放っておくと家の柱や土台、断熱材などを食べてしまい、家の強度や寿命を大幅に低下させてしまう危険があります。もし自宅でシロアリを発見したら、できるだけ早い段階で駆除するようにしましょう。 シロアリを駆除する際は、薬剤を使います。この記事では、シロアリ駆除に使う薬剤について解説します。

この記事の目次

薬剤でシロアリ駆除をする方法は4つ

薬剤でシロアリ駆除をする方法は4つ

一口にシロアリ駆除といっても、その方法は4つに分類することが可能です。まずは、それぞれの方法や特徴についてお伝えします。


1.穿孔(せんこう)注入・木栓処理する方法

穿孔注入は、床下の木材にドリルで穴をあけ、シロアリ駆除薬剤を打ち込む駆除方法です。


シロアリの主食は、セルロースという成分です。セルロースは木材に含まれているため、もっとも好んで食べられる木材に直接薬剤を打ち込んで浸透させることで、高い駆除効果を得られるようになります。


ちなみに、穴をあけた部分には木栓が打ち込まれるので、美観が損なわれる心配はありません。この施工は業者に依頼しないとできませんが、シロアリ駆除効果は非常に高いです。


2.スプレータイプの薬剤で吹き付け処理をする方法

吹き付け処理は、スプレー状の薬剤をシロアリの侵入経路となる場所に吹きかける施工のことを指します。吹き付けるだけでいいので、非常に手軽でDIYをしたい人にもおすすめです。


シロアリの侵入経路としては以下のような場所が挙げられます。


  • トイレやキッチン、風呂場などの水回りの床下

  • 換気口周辺

  • ひび割れた基礎

  • 断熱材と基礎の接着面

  • 各種配管の隙間


ただしDIYで吹き付け処理をすると、薬剤にムラができやすくなってしまいます。薬剤がかかっていないところがあるとそこを食べられてしまうため、より効果を求めるならプロに丁寧な施工をしてもらったほうが安心でしょう。

3.溶剤タイプの薬剤を塗布する方法

溶剤タイプの薬剤を刷毛などで塗布する方法も、シロアリ駆除には有効です。ほかにも、噴霧器を使って土壌に散布したり木材に注入したりして使うこともあります。


ウッドデッキなど施工しやすい場所であれば問題ないのですが、基礎に施工する場合は床下に潜る必要があります。一般人が床下に潜って施工することは難易度が高いため、ほかの方法を検討したほうがいいでしょう。


4.食毒タイプの薬剤(ベイト剤)を設置する方法

毒を配合した食毒タイプの薬剤を設置することで、シロアリの駆除をすることも可能です。シロアリは食べ物を巣に持ち帰る習性があるため、この方法であれば巣ごと全滅させられる可能性が高いです。


施工方法が簡単で安全性も高いですが、定期的な毒餌の補充が必要となります。設置後の手間が気にならないのであれば、DIYをしたい人にもおすすめです。


シロアリ駆除で薬剤を選ぶときのポイント

シロアリ駆除で薬剤を選ぶときのポイント
シロアリ駆除の薬剤は、目的や希望する使い方に合わせて最適な種類を選ぶことが大切です。ここからは、シロアリ駆除に使う薬剤の選び方についてお伝えします。

成分で選ぶ

薬剤に配合されている成分によって、効き目や安全性は大きく異なります。ここでは、よく使われる成分を5つ紹介します。


ネオニコチノイド系

もっとも安全性が高く、効果も高い成分です。昆虫のみに作用し、人間やペット、魚などに影響を与えることはありません。


シロアリの神経伝達に異常を起こして、ゆっくりと死に至らしめます。薬剤が付着したシロアリが巣に戻ることで、ほかの個体にも作用していく伝播性がある点が特徴です。


フェニルピラゾール系

少ない量で高い殺虫力がある点が、フェニルピラゾールの特徴です。ネオニコチノイドと同様に、神経伝達に異常を起こして駆除する効果があります。


伝播性もあって効果が高い薬剤ですが、人間やペットにも影響があるため、使用時は注意しましょう。


フェニルピロール系

シロアリに呼吸障害を引き起こし、駆除する効果がある成分です。ゆっくりと効果が現れるところが特徴で、伝播性があります。


ただし人間やペットにも影響があるため、使用時は注意しましょう。


ピレスロイド系

蚊取り線香にも含まれる身近な成分です。駆除効果だけではなく、シロアリを寄せ付けない忌避性もある点が特徴的です。


人間やペットに対しての毒性はありませんが、魚には影響があります。金魚を飼っている人や近くに川や池がある場合は、使用を避けたほうがいいでしょう。


カーバメート系

カーバメート系は、シロアリの神経を興奮させることで死に至らしめる成分です。光や熱で分解されにくい安定性が強みですが、アルカリ成分で分解されやすいためコンクリートへの使用には向きません。


室内で使用するとシックハウス症候群を引き起こすので、屋外のみで使用しましょう。


求める効果に合わせて選ぶ

単なる駆除をしたいのか、再発を予防したいのか、巣ごと全滅させたいのかなど、求める効果によって最適な薬剤は異なります。薬剤を選ぶときは、重視したい効果に合わせて商品を選ぶようにしましょう。


たとえば、巣ごと全滅させたい場合は、非忌避性で伝播性がある薬剤が最適です。反対に予防に特化したいなら、忌避性のある薬剤のほうが向いているでしょう。効果については薬剤のボトルに記載があるので、購入時にしっかりとチェックしておくと失敗しにくいです。


使いやすさで選ぶ

DIYでシロアリ駆除を行うなら、使いやすさも重視しましょう。手軽さで選ぶなら、食毒タイプやスプレータイプが最適です。


しっかりと駆除したいなら溶剤タイプがおすすめですが、プロ以外がムラなく溶剤を施工することは難しいです。不安がある場合は、溶剤タイプは避けておいたほうが無難でしょう。


安全性で選ぶ

薬剤を吹きかけたり散布したりするときは、体に付着してしまったり吸い込んでしまったりする危険性があります。そのため、安全性の高い薬剤を選ぶことも非常に大切です。


ネオニコチノイド系、ピレスロイド系は人間やペットに対しての安全性が非常に高いです。また、薬剤に触れることなく設置できる毒餌タイプも安全性が高いので、DIYの際はぜひ活用しましょう。


市販のシロアリ駆除薬剤でおすすめの商品5選

市販のシロアリ駆除薬剤でおすすめの商品5選

現在ホームセンターやネット通販などには、無数のシロアリ駆除薬剤が販売されています。その中からどの商品を選べばいいかわからず、困っている人もいるかもしれません。


そこで、ここからは市販のシロアリ駆除薬の中からおすすめの商品を5つ紹介します。


1.吉田製油所「ミケブロック」

ミケブロックは、溶剤タイプの薬剤です。駆除薬によくある不快な臭いがせず、安全性の高いネオニコチノイド系の成分を配合しているため、非常に扱いやすい点が特徴です。


「公益社団法人 日本しろあり対策協会」や「公益社団法人 日本木材保存協会」にも認められている、信頼性の高い薬剤です。予防効果や木材防腐効果も期待できます。


2.イカリ消毒「シロアリハンター」

シロアリハンターは、設置するだけでシロアリ駆除ができるベイト剤タイプの薬剤です。昆虫のみに作用する脱皮阻害剤を使っているため、人やペット、植物に影響することなく安全にシロアリが駆除できます。


家への侵入を防ぐためだけではなく、巣ごと壊滅させたいときにおすすめです。


3.大日本除虫菊(KINCHO)「シロアリフォーム」

殺虫剤で有名なKINCHO(金鳥)が販売する、シロアリ専用の駆除薬です。フェニルピラゾール系の成分を使用しているので、使用時は人体やペットへの配慮が必要です。


薬剤に接触したシロアリが蟻道を通ったり巣に帰ったりすることで、周囲のアリにも作用してくれます。即効性は低いですが、かなり高いシロアリ駆除効果を期待できるでしょう。


4.アース製薬「シロアリアース」

特殊な殺虫パウダーを配合したスプレータイプの薬剤です。即効性と持続性を両立した駆除薬で、伝播性もあります。


駆除効果だけではなく、予防効果も得られる点が大きなメリットです。予防効果は最大6か月続くので、駆除と予防を両立したい人におすすめです。防腐剤と防カビ剤としても効果を発揮してくれます。

5.フマキラー「シロアリジェットプロ」

衣類の防虫剤にも使われる成分を配合し、最大9か月も効果が持続する薬剤です。とても安価で手に入れやすく、木材の防腐効果が高い点も高評価です。


常温で蒸散する成分を採用しているので、物陰に隠れて出てこないシロアリにも効果があります。すき間ノズル付属で狭い穴にも噴射できるところも、使い勝手がよくてうれしいポイントです。


薬剤でシロアリ駆除をするなら業者がおすすめ

薬剤でシロアリ駆除をするなら業者がおすすめ

DIYにおすすめの薬剤を紹介しましたが、シロアリ駆除をするならDIYよりも業者への依頼がおすすめです。なぜなら、DIYでシロアリを全滅させることは不可能だからです。


家庭用の薬剤は安全に配慮して作られているため、業務用のものと比べると十分な効果が得られないことがあります。

一方で、家庭用であっても成分によっては吸い込んだときに健康被害を引き起こしてしまう危険性があることも事実です。

「安全面に配慮されているから」と油断せず、取り扱うときは十分注意してください。


またプロの業者に依頼すると、保証がつく点も見逃してはいけません。

5年以内にシロアリが再発生した場合、無料もしくは割引価格で施工してもらえる業者が多く、確実な効果が見込めます。

薬剤でシロアリ駆除をするなら、ぜひ業者を検討してみてください。


薬剤でシロアリを駆除して家を守ろう!

薬剤でシロアリを駆除して家を守ろう!

シロアリの駆除に用いられる薬剤は、それぞれ成分や使い方、安全性が全く異なります。効果や使いやすさをしっかりと比較し、よりご自宅に最適な商品を選んでください。


市販のシロアリ駆除薬には優秀な商品も豊富に存在していますが、確実な効果を求めるのであれば、やはりプロへの依頼がおすすめです。お困りの際は、ぜひお近くの業者へお問い合わせください。


シロアリ・ネズミ防除(駆除/予防)

\ 複数見積り比較でこんなにお得に! /

一括見積り依頼はこちら