お電話でのお問い合わせはこちら 0120-426-619 受付時間:毎日10~21時
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-426-619 受付時間:毎日10~21時

シロアリ予防は自分でできる?DIYする方法や対策時の注意点も解説

「シロアリ予防を自分でやってみたい」 「自分でできる予防方法を知りたい」 このように考える人が多いようです。 シロアリ予防を自分でDIYできたらコストを抑えられますが、方法を知らずに対策してしまうと失敗してしまうかも知れません。 そこでこの記事では、自分で行うシロアリ予防について、以下の情報を詳しく解説します。記事を読んで把握しておけば、自分でのシロアリ予防の失敗を防ぐことができるでしょう。

この記事の目次

シロアリ予防は自分でできる?DIYする方法や対策時の注意点も解説

シロアリ予防の対策は自分でもできる?

シロアリ予防の対策は自分でもできる?

シロアリ予防が自分でできるか気になる人が多いようですが、DIYで行うことは可能です。

シロアリ予防の薬剤は、ホームセンターやインターネット通販で市販されているので、簡単に購入できます。

自分でDIYすると、コストを安く抑えられることがメリットです。


ただ、どんな方法でも自分で簡単にできるわけではありません。

次章からは、シロアリ予防を自分でDIYするときのおすすめの方法を解説していきます。


シロアリ予防を自分でするなら「ベイト工法」がおすすめ

シロアリ予防を自分でするなら「ベイト工法」がおすすめ

シロアリ予防の方法には「ベイト工法」と「バリア工法」がありますが、DIYするならベイト工法がおすすめです。

ベイト工法をおすすめする理由を説明します。


シロアリ予防のDIYにベイト工法をおすすめする理由

ベイト工法は、シロアリがエサを巣に持ち帰って仲間と分けあう習性を利用した予防方法です。

DIYなら「ベイト工法」をおすすめする理由は、なんといっても施工が簡単なためです。


ベイト工法は、家の周りに穴を掘り、毒エサの入った薬剤を埋めていくだけでシロアリの予防ができます。

大がかりな道具もいらず、短時間で完了するので簡単にDIYできるでしょう。


「バリア工法」はDIYのハードルが高い

バリア工法は、薬剤を散布することでバリアを張って、シロアリを寄せつけなくする方法です。


バリア工法でシロアリを予防するためには、狭い床下に潜って這いずりまわるようにしてスプレーで薬剤を散布するため、大変な手間と労力がかかります。

閉所で薬剤を使う作業になるので、防塵ゴーグルやマスク、ゴム手袋などで保護し、慎重に作業しなければなりません。


さらに床下のガレキや飛び出した釘にひっかかり、大けがをする可能性もあります。

床下には配管が通っているので、蹴飛ばすなどして破損してしまうことも考えられます。

ヘビやゴキブリなど、シロアリ以外の害虫に遭遇することもあるので、そもそもそういった生き物が苦手ならバリア工法は向いていません。


シロアリの薬剤自体はかなり安全なものですが、このようなさまざまな危険をともないます。

シロアリ予防をDIYするならバリア工法は避け、ベイト工法を選ぶのが無難です。


「ベイト工法」でシロアリ予防をDIYする方法

「ベイト工法」でシロアリ予防をDIYする方法

それでは、ベイト工法でシロアリ予防する具体的な方法を説明していきます。

シロアリ予防は事前準備が大切なので、しっかり予習してから取り組んでみてください。


まずはシロアリがすでに侵入していないか調査する

シロアリ予防をするときには、まずはシロアリがすでに侵入していないか床下に潜って調査する必要があります。


床下点検口から床下に潜り、蟻道ができていないか、木材を叩いて軽い音がする箇所がないかを隅々まで調べます。

この時点でシロアリがすでに侵入していることがわかれば、まずは駆除が必要です。


すでに被害が出ているときには、バリア工法で被害箇所に直接の対策をするのが効果的です。

被害状況を正確に確認するためにもプロに調査を依頼して、バリア工法による駆除を実行してもらいましょう。


ベイト剤と必要な道具を用意する

床下を調査してシロアリの被害がないことが確認できたら、ベイト剤や必要な道具を用意します。

ベイト剤は、ホームセンターなどで購入が可能です。


ベイト剤は家の外周に埋め込んでいくので、購入するときには家の外周を測り、必要個数を算出しましょう。

業者が使用するベイト剤は3m間隔に埋め込みますが、市販のものは1〜2m間隔で設置するものが多いです。

商品によって設置間隔が違う場合があるのであらかじめ確認しておきましょう。


ベイト工法で自分でシロアリ予防するときには、以下のものをそろえます。


  • ベイト剤:ホームセンターや通販で購入

  • スコップや穴あけ器:ホームセンターや通販で購入

  • 粘着テープ:床下の束柱や壁にセットするときに必要

  • ステーションを埋め込む場所を書き込む図面

  • その他:汚れてもいい長袖・長ズボン・軍手など


市販のベイト剤は、毒薬がすでにセットされた一体型の簡易なタイプだと15個入りで6,000円前後で購入できます。

地面に穴をあけるときには、ガーデニング用のハンディタイプの穴あけ器を購入すると簡単です。

こちらもホームセンターで2,000円前後で購入が可能です。


家の外周に穴をあけてベイト剤をセットしていく

ベイト剤や道具がそろったら、指定された間隔で、家の外周にある基礎から20〜30cm程度離れた場所に穴をあけていきます。

ベイト剤の形状によって、必要な穴の大きさや深さはいろいろなので、説明書に従いましょう。


縦に深い穴を掘るなら穴あけ器があると便利です。

晴天が続き地面が乾燥しているときは、固くて掘りにくくなります。

雨が降った翌日は、地面は柔らかくなっていて穴を掘るのは簡単ですが、泥汚れしやすいです。


ベイト剤を埋めた箇所は、定期点検するために図面に書きこんでおくようにしましょう。

土に埋もれて草が生え、場所がわからなくなってしまうのを防げます。


ベイト工法でシロアリ予防を自分でするときの注意点

ベイト工法でシロアリ予防を自分でするときの注意点

ベイト工法でシロアリ予防をDIYするときには、いくつか注意点があります。

事前にチェックしておき、失敗を防ぐようにしましょう。


定期的にステーションのメンテナンスを行う

ベイト工法は、ステーションやベイト剤を設置して終わりではなくむしろ始まりと考えておくことが必要です。


ステーションやベイト剤を設置したら、図面をもとに定期的にステーションの中の様子を確認します。

点検の間隔は、購入した薬剤の用法に従うようにしてください。

気になるからといって頻繁にチェックすると、シロアリが警戒して寄りつかなくなるので注意しましょう。


シロアリがステーションについてエサがなくなっているなら、毒エサを補充します。

市販のベイト剤はステーションと毒エサが一体になったものと毒エサを交換するものがあるので、一体型ならステーションを追加購入して新しく埋め込みましょう。


ステーションは設置間隔を守る

ステーションやベイト剤は、説明書に記載された設置間隔を守って配置することが大切です。


もったいないからと間隔をあけると、効果を発揮しません。

ベイト工法による予防は、家にたどり着く前にシロアリに見つけてもらう必要があるので、すり抜けられてしまっては意味がないのです。


指定された間隔よりも狭くするのは問題ありません。

水回りや家の北側などシロアリが好む湿った場所は、わざと間隔を狭くするのもおすすめです。


ベイト工法が難しい家もある

ベイト工法によるDIYでの予防が難しい家もあります。

ベイト工法は土を掘ってベイト剤を埋める必要があるので、家の周りがコンクリートやアスファルトで固められていると施工が難しくなります。


コンクリートに穴をあける機械もありますが、DIYで行うのは現実的ではありません。

ベイト工法による自分での予防が難しそうな場合は、業者に相談するようにしましょう。


シロアリ予防をDIYするならまずは専門家の調査を受けよう

シロアリ予防をDIYするならまずは専門家の調査を受けよう

シロアリ予防をする前には、すでに侵入していないか調査することが先決です。

自分で床下に潜って調べることもできますが、プロではないので見落とす可能性があります。


シロアリ業者の多くが無料点検をしているので、プロの目で調べてもらうと安心です。

点検を依頼したからといって、必ずしも契約する必要はありません。

ベイト工法とバリア工法の違いの説明や、マイホームにどちらが向いているかアドバイスをもらうといいでしょう。


調査をしてもらったうえでシロアリ被害が発見されることも少なくないので、その場でそのまま駆除を相談することも可能です。

被害が確認されたときには複数の業者から見積もりをもらい、対応や説明の丁寧さも含めて業者を選ぶのがおすすめです。


シロアリ・ネズミ防除(駆除/予防)

\ 複数見積り比較でこんなにお得に! /

一括見積り依頼はこちら