お電話でのお問い合わせはこちら 0120-426-619 受付時間:毎日10~21時
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-426-619 受付時間:毎日10~21時

シロアリ駆除に効果的なホウ酸とは?メリット・デメリットと使い方を解説

「シロアリにホウ酸が効くって聞いたことがあるけど、本当なのかな?」 「ホウ酸をどのように使うとシロアリを駆除できるの?」 上記のような疑問を持っていませんか? ホウ酸は目薬にも使用される安全性の高い成分ですが、実はシロアリを含む害虫などを駆除する効果を持っています。 この記事では、そんなホウ酸を使ってシロアリを駆除する方法について紹介します。シロアリ対策にお悩みの人はぜひ参考にしてください。

この記事の目次

シロアリの駆除ができるホウ酸とは?

シロアリの駆除ができるホウ酸とは?

そもそも、ホウ酸がどのような成分なのかについてご存知でしょうか。


ホウ酸は、アメリカや西トルコなどの鉱脈で採れる「ホウ酸塩鉱物」が原料の成分です。鉱脈だけではなく海水や岩塩、植物や土壌にも含まれており、100%が自然素材でできています。目薬やコンタクトレンズの洗浄液にも配合されており、人間に害を与えることは基本的にありません。


そんなホウ酸はハワイ州をはじめ、アメリカなどの諸外国では害虫駆除の手段として非常に高いシェアを占めています。


人間にとって非常に安全性が高いホウ酸は、腎臓のない生物が過剰摂取するとエネルギーを代謝できなくなり、餓死させてしまう作用を持っています。ゴキブリ駆除のためにホウ酸団子を使ったことがある人は多いかもしれませんが、実はシロアリにも効果を発揮してくれる成分なのです。


シロアリ対策にホウ酸が適している理由

シロアリ対策にホウ酸が適している理由

そもそも、どうしてシロアリ対策にホウ酸が適しているのでしょうか。まずは、その理由についてお伝えします。


高い安全性を誇る

ホウ酸がシロアリ対策に適している最大の理由は、何といってもその安全性の高さでしょう。人やペットなどの哺乳類にとってのホウ酸の危険性は食塩と同程度であるため、安全性について心配する必要がありません。


万が一、人間が誤ってホウ酸を摂取してしまっても、腎臓の代謝によって分解されて短期間で排泄されます。そもそも、ホウ酸は人体にとって栄養学的に必須な成分であるため、誤って口に入れてしまっても大きな害が生じることはないのです。


また、ホウ酸は木材の保存にも使用される成分であり、建造物に悪影響が出ることもありません。シロアリ対策によって家が傷むこともないところは、ホウ酸の大きなメリットです。

選択毒性が高い

選択毒性とは、特定の生物に対してのみ毒性を発揮する性質のことです。


腎臓を持たない生物がホウ酸を摂取すると、細胞レベルでエネルギー代謝ができなくなってしまい、餓死してしまうことがわかっています。ホウ酸は人間にとっては安全で、昆虫にとっては毒となる選択毒性を持った成分であるため、シロアリ対策に適しているのです。


哺乳類や植物には安全で、ゴキブリやシロアリといった昆虫のみに作用する点が、ほかの薬剤とは大きく異なると言えるでしょう。代謝に直接作用するため、効きが悪くて駆除し損ねるリスクがない点も、ホウ酸のメリットです。


効果が長期間に渡って発揮される

効果が長期に渡って発揮される点も、ホウ酸がシロアリ対策に適している理由です。ホウ酸は揮発したり自然に分解されたりすることがないため、一度施工すれば効果が長期間持続します。


ただし、ホウ酸は水溶性の成分であることに注意が必要です。大量の水によって溶けてしまう可能性はあるため、濡れにくい場所に設置・施工することが大切です。


ホウ酸でシロアリ駆除をするときのデメリット

ホウ酸でシロアリ駆除をするときのデメリット

非常に駆除効果が高いホウ酸ですが、その一方で欠点も持ち合わせています。ここからは、ホウ酸のデメリットについて解説します。


即効性はない

ホウ酸は遅効性であるため、設置してすぐに家のシロアリがいなくなるわけではありません。ほかの薬剤と比べて効果が出るまでに時間がかかるので、すでに被害が出ている住宅には適していません。


現在進行系でシロアリの被害が気になっている場合は、ほかの方法と併用してシロアリを駆除することをおすすめします。


屋外では使用しにくい

先述した通り、ホウ酸は水に溶けてしまう性質があるため、雨に濡れる場所に置いてしまうと成分が溶けだしてしまう可能性が高いです。外壁や家の柵などにホウ酸を施工しても、すぐに流されてほとんど効果を発揮してくれません。


必ず、柱や土台などといった建造材や家具、屋根の下などの濡れない場所に施工してください。


完全に駆除することはできない

ホウ酸は摂取したシロアリにだけ作用する成分であるため、巣の完全駆除には向いていません。ホウ酸は、あくまで簡易的な駆除方法であることを理解しておきましょう。


巣に潜む個体まで全滅させたい場合は、シロアリが毒餌を持ち運ぶことで巣を全滅させられるベイト剤のほうが向いています。


ホウ酸でシロアリを駆除する方法

ホウ酸でシロアリを駆除する方法

ここからは、実際にホウ酸を用いてシロアリの駆除を進めるときの手順について解説します。


用意するもの

まずは、施工に必要な道具を揃えていきましょう。準備しておきたいものは、「ホウ酸」と「噴霧器」の2つだけです。どちらもホームセンターやネット通販で手に入るもので、価格もそれほど高くありません。


ホウ酸は危険な成分ではありませんが、念のため施工の際は汚れてもいい服装や軍手、マスクなどを着用しておきましょう。


ホウ酸でシロアリを駆除する手順

ホウ酸でシロアリ駆除をする手順は以下のとおりです。


  • ホウ酸を水によく溶かす

  • 噴霧器に溶かしたホウ酸を入れる

  • 家の基礎・土台・大引・束柱・断熱材などに噴霧する

  • しっかりと乾燥させる


  • 作業は簡単なので誰にでも施工は可能です。


    ホウ酸を水に溶かす工程が面倒な人は、ホウ酸水溶液がスプレーボトルに入った商品を購入してもいいでしょう。ただし手軽な分、値段は割高になります。


    ホウ酸でシロアリ駆除をするときの注意点

    ホウ酸でシロアリ駆除をするときの注意点

    最後に、ホウ酸でシロアリ駆除をするときの注意点についてお伝えします。効果や安全性に関わることなので、必ず押さえておきましょう。


    誤って摂取してしまわないように気をつける

    ホウ酸の安全性が高いとはいえ、子どもやペットが一気に過剰摂取してしまえば、体調に影響が出るリスクがあります。あまったホウ酸は子どもやペットの手が届かないところに保管し、使用時は近づけないように十分注意しましょう。

    雨の日の施工は避ける

    ホウ酸は水溶性の性質を持っており、雨に濡れるとすぐに溶け出してしまいます。したがって、雨の日の施工は避けるようにしましょう。


    また、外壁など濡れてしまう部分に施工しても流されてしまえば意味がないため、雨に濡れない基礎や土台を中心に施工するようにしてください。


    施工時は家を傷めないように気をつける

    ホウ酸の施工は簡単なので、一般の人がDIYすることもできます。しかし、床下に潜ったときに水道管やガス管にぶつかって傷めてしまったり、瓦礫や飛び出した釘に触れてケガをしたりしてしまうことも考えられるため、あまりおすすめしません。


    安全かつ適切に施工してシロアリ対策効果を高めたいなら、プロに依頼することがおすすめです。


    ホウ酸で安全にシロアリ対策をしよう!

    ホウ酸で安全にシロアリ対策をしよう!

    100%天然素材であるホウ酸は、海外では害虫駆除の主流な方法として活用されている成分です。人間が誤って触れてしまっても安全なため、子どもやペットがいるご家庭、アレルギー体質の人はぜひ活用してみてください。


    ただし、ホウ酸は即効性がなかったり水に溶けやすかったりと、欠点も持ち合わせている点を理解しておきましょう。より高いシロアリ対策効果を希望するなら、プロに依頼してよりホウ酸の効果を引き出せる施工を行うことをおすすめします。


    シロアリ・ネズミ防除(駆除/予防)

    \ 複数見積り比較でこんなにお得に! /

    一括見積り依頼はこちら