お電話でのお問い合わせはこちら 0120-426-619 受付時間:毎日10~21時
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-426-619 受付時間:毎日10~21時

シロアリ駆除にはどんな方法がある?駆除する仕組みを徹底解説

「シロアリ駆除の方法って種類があるの?」 「自分の家にあった駆除方法を知りたい」 このように考えている方が多くいるようです。 シロアリ駆除の方法を知らなければ、業者にすすめられるがままに契約をしてしまい、後悔することになるかもしれません。 この記事では、シロアリ駆除の方法について、以下の情報を詳しく解説します。記事を読むことで、自宅にあった駆除方法を選べるようになるでしょう。

この記事の目次

シロアリ駆除の方法は「バリア工法」と「ベイト工法」の2つ

シロアリ駆除の方法は「バリア工法」と「ベイト工法」の2つ

現在日本で行われているシロアリ駆除の方法は、主にバリア工法とベイト工法の2つです。

バリア工法は薬剤を散布してシロアリを撲滅し、ベイト工法では毒エサでシロアリをおびき寄せることで巣ごと駆除します。


それぞれの工法について、特徴や施工方法、どんな家が向いているのかまで詳しく説明していきます。


「バリア工法」は薬剤散布でシロアリを駆除する方法

「バリア工法」は薬剤散布でシロアリを駆除する方法

バリア工法は、薬剤を散布することでシロアリを駆除する方法です。

バリア工法の特徴と駆除方法、向いている家を見てみましょう。


バリア工法の特徴

バリア工法は、床下の木材やコンクリート、土壌に薬剤を散布してシロアリを駆除する方法です。

被害の状況によっては、木材に穴を空けて直接薬剤を注入することもあります。

バリア工法は被害箇所に直接薬剤を吹き付けるので、効果が早く出ることが特徴です。


バリア工法は、施工面積によって費用を算出します。

「一般財団法人 経済調査会」の調査結果によると、費用相場は2,200円/平米(7,260円/坪)です。

床面積が20坪の一軒家なら、7,260円×20坪の計算で145,200円が費用の目安になります。

一度施工したら5年間効果があるため、しばらくは追加費用が発生することはありません。


バリア工法については、薬剤を散布することから抵抗感を覚える方もいるようです。

しかし駆除に使用する薬剤は、昆虫には高い効果を発揮する一方、人にはほとんど害のない「選択毒性」があるタイプが主流なので安全性が高いことが特徴です。

人体への悪影響が少ないのに駆除効果が高い薬剤なので、過度に使用を恐れないようにしましょう。


バリア工法でシロアリを駆除する方法

バリア工法でシロアリを駆除する方法

バリア工法は薬剤を散布してシロアリを駆除しますが、実際にはどのような方法がとられるのでしょうか。

詳しい施工方法をチェックしておきましょう。


木部処理

バリア工法で行う木部処理には、以下のような方法があります。


  • 吹き付け処理:動力噴霧機やハンドスプレーで木材の表面に薬剤を吹き付ける方法

  • 塗布処理:木材の表面にハケで薬剤を塗りつける方法

  • 穿孔(せんこう)注入:ドリルで木材に穴を空けて薬剤を注入する方法


木部処理は、実際にシロアリが発生している被害箇所や、シロアリが好むジメジメした水回りなどはとくに念入りに行います。

薬剤とはいえ木材に液体を散布して大丈夫かと心配になるかもしれませんが、防腐成分が含まれているので問題はありません。


穴を空けた箇所は薬剤の浸透を促すために、また見た目を回復するために木栓を埋め込んで処理します。


土壌処理

土壌処理は、建物の基礎に囲まれた床下の範囲を対象とするのが基本です。

場合によっては、屋外の建物の基礎外周にも薬剤を散布することがあります。


土壌処理における薬剤散布には、以下のような方法があります。


  • 帯状散布:基礎の内側や束石の周り、配管の立ち上がり部分などに約20cmの幅で薬剤を散布する方法

  • 面状散布:土壌の表面全体にまんべんなく薬剤を散布する方法

  • 加圧注入:専用の注入器を使って土壌の奥に薬剤を注入する方法


シロアリは床下の土壌から家の中に侵入するケースがほとんどです。

基礎の内側や束石の周りは、家への侵入ポイントなのでとくに入念に薬剤を散布します。


上回り処理

浴室やトイレ、玄関など土壌処理できない箇所は、タイルの目地にドリルで穴を空けて薬剤を注入します。

穴を空けた箇所はきちんとセメントで埋め、見た目ではわからなくなるようにするので安心してください。


バリア工法での駆除が向いている家

バリア工法は、シロアリ被害が進行している家に向いています。

被害箇所に直接薬剤を吹き付けて駆除するため、早く効果を出したいときにはバリア工法を選択しましょう。

ベイト工法よりも安価ですむので、費用を安く抑えたいときにもバリア工法を選ぶのがおすすめです。


「ベイト工法」はシロアリの習性を利用した駆除方法

「ベイト工法」はシロアリの習性を利用した駆除方法

ベイト工法は、シロアリの習性を利用して駆除する方法です。

ベイト工法の特徴や詳しい駆除方法、費用相場、向いている家などを説明します。


ベイト工法の特徴

ベイト工法は、シロアリがエサを巣に持ち帰って仲間と分け合う習性を利用した駆除方法です。


毒エサを食べたシロアリは、脱皮できなくなって死滅します。

バリア工法の約千分の一しか薬剤を使わないので、環境へ与える影響が少なくてすみます。

ただしシロアリは一斉に脱皮するわけではないので、全滅するまでに時間がかかることがデメリットです。


ベイト工法は、毒エサを仕込んだ「ステーション」と呼ばれる容器を家の周りに埋め込むことでシロアリをおびき寄せます。

そのため費用は家の外周の距離を測って算出します。


ベイト工法の費用相場は、10社を独自調査した結果では、初期費用が4,700円/m、年間管理費は1,500円/mです。

初期費用は初回のみ発生し、以降は毎年管理費がかかります。


外周が32mある20坪の家なら、


  • 初期費用:4,700円×32m=150,400円

  • 年間管理費:1,500円×32m=48,000円


が駆除費用の目安です。


ベイト工法は定期的にステーションのエサの減り具合をチェックする必要があり、ランニングコストがかかるためバリア工法より高くなることが特徴です。


ベイト工法でシロアリを駆除する方法

ベイト工法でシロアリを駆除する方法

ベイト工法では、家の基礎の周囲にシロアリが好む木をエサとして仕込んだ「ステーション」を3m間隔で埋め込みます。

すでに被害が出ていて被害箇所が明らかな場合は、木材や付近の壁に直接ベイト剤を設置する方法もとられます。


ステーションを埋め込んだあとは、シロアリが食いつくまで定期的に点検をしなければなりません。

シロアリが入らなければ、ステーションの場所を変えることもあります。


シロアリがエサにおびき寄せられたら、ベイト剤(シロアリの脱皮を阻害する薬)と入れ替えて毒エサを巣に持ち帰らせます。


ベイト工法は1〜3カ月かけて効果を発揮することが特徴です。

脱皮できなくなったシロアリから順番に死滅して、やがて巣ごと全滅してしまうのです。


ベイト工法での駆除が向いている家

ベイト工法は、化学物質や臭いに過敏な方がいる、あるいは幼児やペットがいて薬剤散布をしたくない家に向いています。

シロアリの被害規模が小さく、駆除に時間をかけてもかまわないと考えるときには、ベイト工法を選んでもいいでしょう。


緊急事態!羽アリが出たときに駆除する方法

緊急事態!羽アリが出たときに駆除する方法

4月中旬〜5月頃の午前中から日中にはヤマトシロアリが、6〜7月の夕方から夜にかけてはイエシロアリが、羽アリとなって巣から一斉に飛び立ちます。

玄関や風呂場、床下などから羽アリが飛んで出ている場合は、家がシロアリ被害にあっている可能性が高いと考えられます。


羽アリが発生したときには、まずは慌てず駆除するようにしましょう。


掃除機で吸い取る

羽アリが家の中で発生しているときには、出てくる箇所を突き止めて、掃除機で吸い取って駆除します。

ある程度吸い込んだら、フィルターごとゴミ袋に入れて捨てるといいでしょう。


「掃除機の中で生きていたら気持ち悪い」と思うかもしれませんが、羽アリは吸い取られた衝撃でほとんど死んでしまいます。



シロアリは明るいほうに向かって飛ぶ習性があるので、夜なら室内の照明を落とし、外に懐中電灯などを置いて誘導するのもおすすめです。


殺虫剤は使用しない

羽アリが出たときに、慌ててスプレー式の殺虫剤を使用する方がいますが、避けるようにしましょう。

殺虫剤には虫が嫌がる成分が入っているので、シロアリが移動してしまい、家のあちこちに分散して逃げてしまう可能性があります。


分散した先で新たに巣作りを始めてしまったら、そのあとの駆除が困難になってしまいます。


シロアリの駆除は調査を依頼して見積もりを取ろう

シロアリの駆除は調査を依頼して見積もりを取ろう

シロアリ被害にあっているかもと思ったときには、まずは業者に調査を依頼することから始めます。

特に羽アリが家から飛んで出ているときには、被害が進んでしまっている可能性が高いので、早めに調査してもらうようにしましょう。


調査はほとんどの業者が無料で実施しているので、複数業者に依頼して「相見積もり」をしてもらうのがおすすめです。

業者を選ぶときには、「安い」といった理由だけではなく、質問に対する答えの丁寧さや、対応のよさも含めて考えるようにしましょう。


シロアリの被害が出ていることをことさら強調して不安をあおり、その場で契約を迫るような会社は悪徳業者の可能性が高いと考えられます。

大切な家を守ってもらうためには、安心して任せられる業者を選ぶようにしてください。


シロアリ・ネズミ防除(駆除/予防)

\ 複数見積り比較でこんなにお得に! /

一括見積り依頼はこちら