お電話でのお問い合わせはこちら 0120-426-619 受付時間:毎日10~21時
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-426-619 受付時間:毎日10~21時

一戸建てのシロアリ対策にかかる費用とは?広さごとの料金の目安

「一戸建てのシロアリ駆除を頼みたいけれども相場がわからない」 「自分の家だとどれくらいかかるのか、大まかに料金を知りたい」 このようなことで困ってはいませんか? シロアリの駆除や予防といった対策は、業者によって提示する料金が異なります。 相場を把握しないまま業者を家に呼んでしまうと、法外な値段で契約させられてしまうかもしれません。 この記事では、一戸建てのシロアリ駆除や予防について、以下の情報を詳しく解説します。相場を確認し、またご自宅のおおよその費用目安を知っておくことで、悪徳業者にだまされる可能性を減らすことができるでしょう。

この記事の目次

  • 一戸建てのシロアリ対策にかかる費用の相場
  • 一戸建ての平米ごとのシロアリ対策費用をシミュレーション
  • 一戸建てのシロアリ対策の費用を知るなら見積もりを取ろう
一戸建てのシロアリ対策にかかる費用とは?広さごとの料金の目安

一戸建てのシロアリ対策にかかる費用の相場

一戸建てのシロアリ対策にかかる費用の相場

一戸建てのシロアリ駆除の費用相場

一戸建てのシロアリ駆除の費用相場

「一般財団法人 経済調査会」によると、シロアリ駆除の費用相場は2,200円/平米とされています。

シロアリ駆除の費用は、以下の6つの要素が影響します。


  • 業者の業態による違い

  • 駆除方法による違い

  • 使用する薬剤の種類による違い

  • シロアリの種類による違い

  • 被害の規模による違い

  • 家の構造による違い


それぞれ詳しく解説します。

業者の業態による違い

業者の業態による違い

シロアリ駆除の費用は、業者の業態によって異なります。

一般的に、集客だけを行い下請けに出す会社なら、1,000円〜2,000円/平米が相場です。

集客だけを行う会社は知名度や安心感がありますが、実際に施工する業者が誰なのかがわからないため不安を覚える人もいるようです。


対して集客から施工まで自社で行う会社の費用相場は、1,500〜3,000円/平米です。

大手と比較すると割高になりますが、施工者の顔が見える安心感があります。


駆除方法による違い

駆除方法による違い

シロアリ駆除の方法は、薬剤を散布する「バリア工法」と、食いつきのいい木材をエサとして使う「ベイト工法」が主流です。


バリア工法の費用相場は2,200円/平米で、施工面積によって費用が変わります。

バリア工法は1度施工すると5年間効果が続き、その間費用は発生しません。

すでに被害が発生しているときには、基本的にはバリア工法で駆除します。


対してベイト工法は、家の外周に毒エサを入れたステーションを埋め込むことから、1mあたりで料金を計算します。

初期費用の相場は4,700円/m前後で、以降管理費として1,500円/m程度のメンテナンス費用が毎年発生することが特徴です。


ベイト工法は使用する薬剤がバリア工法よりも少なく安全性の高い工法ですが、毒エサに食いつかないと駆除できません。

そのためバリア工法と比較すると、効果が出るのに時間がかかってしまいます。


使用する薬剤の種類による違い

使用する薬剤の種類による違い

化学物質過敏症や臭いに敏感である、幼児やペットが家にいるといった理由でバリア工法に不安を感じる方は、天然素材系薬剤を使用することもできます。

天然素材系薬剤は、通常使用される薬剤よりも、1平米あたり300〜500円程度高くなることが多いです。


現在使用されている薬剤は、安全性が高いので過度に恐れる必要はありませんが、気になる方は業者に天然素材系の薬剤の使用を相談するといいでしょう。


被害を与えているシロアリの種類による違い

被害を与えているシロアリの種類による違い

シロアリ駆除の料金は、被害を与えているシロアリの種類によっても違いがあります。

日本で住宅被害を与えることが多いのは、


  • ヤマトシロアリ

  • イエシロアリ

  • アメリカカンザイシロアリ

  • ダイコクシロアリ


の4種です。


ヤマトシロアリは水分を必要としますが自分で運ぶことができないので、被害は1階に集中します。

そのため基本的には1階の面積のみで料金を出します。


イエシロアリは自分で水を運ぶことができるので、家全体に被害が及びます。

場合によっては2階や天井裏まで被害が出ていることがあるため、被害規模によって料金を算出するのが一般的です。


アメリカカンザイシロアリとダイコクシロアリは外来種で、上記の2種とは生態が異なります。

家具やピアノなどの乾燥した木材でも、被害を与えることが特徴です。

生息範囲が狭く、駆除方法も異なるため、個別見積もりとなります。


被害規模による違い

被害規模による違い

シロアリ駆除は、被害規模によっても費用が異なります。

当然ですが食害が広範囲になるほど薬剤の使用量、作業量ともに増えるので、費用は高くなります。

土台や大引、束柱など、床下の構造部分が被害にあっているケースでは、別途修繕費も必要になるでしょう。


家の構造による違い

家の構造による違い

家の構造によっても、別途費用が発生するケースがあります。

床下にもぐるために点検口を新しく作ったり、ベタ基礎でコンクリートが打たれたりしているときには削る工事が必要になるためです。

フローリングの床下点検口の作成や、基礎を削る工事はそれぞれ1箇所1万円程度が相場です。


一戸建てのシロアリ予防の費用相場

一戸建てのシロアリ予防の費用相場

一戸建てのシロアリ予防対策の費用相場は、「一般財団法人 経済調査会」の調査結果によると、平均施工金額が2,000円/平米とされています。


シロアリ予防については、駆除ほど手間がかからないのでやや安価になるようです。

ただしバリア工法でもベイト工法でも、作業内容は大きく変わらないので同料金とするところも多く見られます。


床下を中心に薬剤を散布するバリア工法は、1度施工すると5年間効果があるため、その間費用はかかりません。

一方ベイト工法は、初期費用の相場は4,700円/mですが、2年目以降も1,500円/mのランニングコストがかかるので、トータルコストはバリア工法よりも高くなります。


コストを重視して予防方法を選ぶのであれば、5年間のトータルコストで比較して考えるようにしましょう。


一戸建ての平米ごとのシロアリ対策費用をシミュレーション

一戸建ての平米ごとのシロアリ対策費用をシミュレーション

ここからは、実際に一戸建ての平米ごとの対策費用をシミュレーションしてみましょう。

ご自宅の平米数と近いケースを、おおよその費用目安としてください。


一戸建てのシロアリ駆除にかかる費用のシミュレーション

シロアリ駆除の費用は工法によって異なりますが、今回は相場である以下の金額で試算してみました。


バリア工法:2,200円/平米

ベイト工法:初期費用4,700円/m・年間管理費1,500円/m


として試算してみました。


一戸建てのシロアリ駆除にかかる費用目安

バリア工法

ベイト工法

初期費用

年間管理費

5年間のトータルコスト*

10坪(約33平米・外周約23m)

72,600円

108,100円

34,500円

280,600円

20坪(約66平米・外周約32m)

145,200円

150,400円

48,000円

390,400円

30坪(約99平米・外周約40m)

217,800円

188,000円

60,000円

488,000円

40坪(約132平米・外周約46m)

290,400円

216,200円

69,000円

561,200円

50坪(約165平米・外周約51m)

363,000円

239,700円

76,500円

622,200円

※ベイト工法の5年間のトータルコストは初期費用+年間管理費5年分で算出


バリア工法は、被害規模や住宅の構造によって料金が大きく異なります。

被害箇所に直接薬剤を散布するので、比較的早く効果が期待できます。


ベイト工法についても、被害箇所が特定できていればそちらにも直接施工するので料金が異なることが想定されます。

ベイト工法は毒エサにシロアリが食いつくのを待つ方法なので、バリア工法よりも駆除効果が出るのは遅いことが特徴です。


なお、バリア工法は1度施工すると5年間有効であるのに対し、ベイト工法は毎年ランニングコストがかかります。

コストを重視して工法を選ぶのであれば、5年間のトータルコストまで考えて検討するのがおすすめです。


ご覧のとおり、バリア工法よりもベイト工法のほうが費用は高くなります。

ご家庭によって事情は異なりますので、自身に適していると思う工法を選ぶといいでしょう。


一戸建てのシロアリ予防にかかる費用の目安

一戸建てのシロアリ予防にかかる費用の目安

続けて、一戸建てのシロアリ予防にかかる費用の目安を見てみましょう。

予防については、バリア工法は駆除よりも安くなるケースが多いですが、ベイト工法は変わらないのが一般的です。


今回は、相場を以下として試算しました。


バリア工法:2,000円/平米

ベイト工法:初期費用4,700円/m・年間管理費1,500円/m(駆除と同料金)


一戸建てのシロアリ予防にかかる費用目安

バリア工法

ベイト工法

初期費用

年間管理費

5年間のトータルコスト*

10坪(約33平米・外周約23m)

66,000円

108,100円

34,500円

280,600円

20坪(約66平米・外周約32m)

132,000円

150,400円

48,000円

390,400円

30坪(約99平米・外周約40m)

198,000円

188,000円

60,000円

488,000円

40坪(約132平米・外周約46m)

264,000円

216,200円

69,000円

561,200円

50坪(約165平米・外周約51m)

330,000円

239,700円

76,500円

622,200円

※ベイト工法の5年間のトータルコストは初期費用+年間管理費5年分で算出


予防においても、バリア工法は1度施工すると5年間有効ですが、ベイト工法は毎年ランニングコストがかかります。

そのためコストを重視して工法を選ぶときは、5年間のトータルコストで比較するようにしましょう。


一戸建てのシロアリ対策の費用を知るなら見積もりを取ろう

一戸建てのシロアリ対策の費用を知るなら見積もりを取ろう

一戸建てのシロアリ対策をするのであれば、まずは業者に調査を依頼し、見積もりを取るようにしましょう。


シロアリ被害がどの程度進んでいるかは、調査しないとわかりません。

予防するつもりでいても、調査を依頼してみたところ被害が判明することは、珍しいことではないのです。


シロアリ調査はほとんどの業者が無料で実施しています。

調査をしてもらったからといって、必ずしも契約する義務はないので安心して依頼してください。

不安をあおってその場で強引に契約を進めるような業者は、悪徳業者の可能性が高いため、避けるようにしましょう。


調査と見積もりは複数の業者に依頼する「相見積もり」をして、適正な価格を提示し、その根拠を納得いくまで説明してくれる業者を選ぶと安心です。


シロアリ・ネズミ防除(駆除/予防)

\ 複数見積り比較でこんなにお得に! /

一括見積り依頼はこちら